上下戸。

制作活動および書ギャラリー親かめ子かめの店番は来週4月11日(日)で一旦お休みとなります。

店番は9日(金)午前、10日(土)終日を残すのみですわ。

お休みを共感含めて「門出」と捉えていただいた方も多く嬉しい限りです。

先日、仕事関係でお世話なった上戸より下戸の私へ「休職祝い」が届きました。なんか色々と可笑しい。

宮城県、桜が咲いております。

春起、暁。

布団の中でもなかなか眠れず、朝になる。

おそらくコーヒー飲んだりグミ食べたりしているのが主因かと思われますが、コーヒーやグミは睡眠とは別の効果に助けられているのでやめれません。

何かと忙しい日々を過ごしておりますが、今週は炊飯器を処分しました。

10年ほど前に炊飯器が壊れて困っていたら「不要な炊飯器ありますがいります?」という方がおりまして、「ではせめて、着払いでお願い致します」といただいた代物。

先日処分したオーブントースターと同じく、現在の家では未使用のまま放置。米は鍋で炊けるようになったから。

様々なモノをわりと気軽に捨てられるようになってきました。気持ちが軽い。

https://ameblo.jp/okabe-philosophy/

4コマの方のブログ。

設定が変な事になっていて、一部のSNSで「ブログ投稿されたよー」ってお知らせが届かない日が度々。

でも今のところ毎日更新はしています。

春キャベツと春のおとしもの

春キャベツの季節となりました。

普段から「自炊は時間と精神の余裕がある時にしかできない贅沢な行為であり、自炊=節約論には反対の立場」でありますけど、その上で最近「今日は何作ろうかな」とやる気になっているという事は、まあまあの余裕はある。

最近は春キャベツとニラがお買い得なのでモツ鍋、またはモツ煮を作っています。

下ごしらえしたモツ、豆腐、蒟蒻、大根などを鍋に入れ味噌で煮込み、味が染み込んだらキャベツとニラを入れ軽く煮て完成。鮮やかで少し歯応えがあるキャベツが濃厚な出汁と合う。

料理が楽しいのは冬。台所に野菜置いてても痛みにくいし足元は寒いけれど火元は暖かい。暑いと感じる季節が来たのは少し寂しくはある。

そういえばですが、財布を落としてから一年が経ちました。

今思えばあの時、年度末で何かと忙しく、余裕が無いのに荷物は多く、頭も小物も散らばっていて「そりゃ財布ぐらい落とすよね」という状態でした。

もう落としたくないので新しい財布には紐を付けていますが、今年も外出時は余裕がない。気を付けないと何かを無くしそう。

今月と来月は外で人と話す時間が多いので、いつもひとりでやるはずの確認作業を怠りがち。

できれば外でもひとりになりたいし、必要以外はひとりにならなければいけない。

俺の家と肉の話。

ドラマ「俺の家の話」を見終わる。いや良かった。

全体的に骨太でエネルギー過多。主に録画で見てたけれど、リアルタイムで見てたらぐっすり眠れると思う。そんな感じがする。

長瀬智也さんはジャニーズ退所で俳優業もやめるという話もあるけれど残念。でも仕方ない。ちなみ岡部のベストドラマは「泣くな、はらちゃん」。


娯楽って気持ちの余裕の有無に左右されやすく、「YouTubeなら1時間見れるけどドラマは見れない。」「連ドラは2話続けて見れるけど映画は無理。」みたいな時はある。

連続ドラマを4〜5番組同時に追ってた時期や、映画を続けて2本見れる頃もあったけれど、今はドラマ1番組が限界かな。大河ドラマ「青天を衝け」は一応毎週録画してるけれど、僕の中で始まっていない。


あ、焼肉食べに行きました。

自炊だと火力なり煙などを気にして「蒸し焼き」になっちゃうので、網で焼いた肉は美味しかったです。

あと、頻繁に会ってる方には「嘘⁉︎」と思われそうですが、昨年から7〜8kg痩せました。

病気、ストレス、貧困ではなく、節制、筋トレ、自炊によるものなのでご心配なきよう。食べ過ぎてた量と謎時間の食事を減らしただけです。

できれば、もう4kgは落としたい。

さよならアンバサダー。

2017年頃から「ネスカフェアンバサダー」という肩書きがある岡部です。

「ネスカフェの機器や商品を職場に広める」という任務です。ざっくり言うなら職場のコーヒーやお茶の管理注文係。

泉中央駅のギャラリー「親かめ子かめ」にいらっしゃった方はコーヒーマシンを見た事があるかもしれませんが、あれは岡部が個人的に管理してたものでした。

で、岡部の制作活動お休みによりネスカフェとの契約も一旦打ち切り。レンタルしてたマシンも返却となりました。

実は自宅にも同じマシンを借りており、こちらも返却。コーヒー中毒なので「すぐ飲める」のは助かっていた。

ネスカフェさん毎年のようにキャンペーンとかですっごい数の商品をいただいた。ありがてぇ。

アンバサダー解任となりましたが、必要となった時にマシンを買おうかとも思っている。