白の後から、黒の手前。

アイロン買いました。

スーツ着る機会も増え髪も切ったので別の生活としてそこそこ楽しんでいますが、頻繁に洗濯したりシワ伸ばしたり頭のワックス落とす時になんか落ち込みます。めんどくせえと。

服は色移り云々が面倒だからほぼ黒にしてまとめて洗濯機に入れていたし、シワが気になる服は避けていた。髪は束ねるだけでセット不要。

今までが駄目過ぎたのか今が厳しいのか、白でいるためにいったいどれくらいの時間を費やすのだろう。

絵画や広告の制作は真っ白から始まるし、造形は経年劣化も楽しめる素材にしていたから「なんだこの世は」状態。

まあ愚痴です。朝の4時頃から鶏ムネ肉と玉ねぎスープを作って「うまっ‼︎」ってやってるくらいは幸せ。


美術家・篠田桃紅さんが3月に亡くなったのを先日知った。107歳。長生きよね。

何年か前に書家さんから「長い筆を使っている人」として教えてもらった頃には100歳の現役作家だったもので「すげぇ人がいるもんだな」と思ったもの。

その後YouTubeやネット記事を眺めているうちに墨色を活かす表現や大胆な構図のファンになり、桃紅さんの本を買って読み、どんどん自分の制作が楽しくなり、墨の世界にどっぷり浸かるきっかけのひとつとなった。

「玄(くろ)」色は、淡い墨を重ねて濃くしていき、真っ黒の一歩手前で控えた色だそうなのです。

「だから、玄人(くろうと)というのは、とことんやりつくしてしまわないで、どこかにスキマをおいて、素人が手がかりにできる場、入り口みたいなものをつくつておくのだということにも通じる。」

「墨いろ」篠田桃紅著

「玄は黒じゃない」

残念だなーと、羨ましいなーと。

ピンピンしている。

実家から諸々の書類を送ってもらったのですが、その中に100円札が入ってました。

そうそう、ある方から大昔に頂いた。

タンス預金的なやつでいっぱい出てきたらしく「銀行で両替しちゃうけど、もしいるなら100円と交換するよ」というわけで2枚ほど両替してもらった。珍しいピン札の板垣退助。

昨日、定例の献血でした。

脈拍が早めなので引っかからないよう「ゆっくり呼吸、ゆっくり歩く」を心がけている。あと汗をかくと冷えるのでなるべく温かい水分補給。ここ一年で10回以上通ってるので対策は万全。

採血中、テレビではメジャーリーグ(エンゼルス)の試合がやっていたのでボーっとしながら観てた。大谷さん活躍のようで。

帰りにすき家でチーズ牛丼食べました。近年は外食もお弁当購入も少なく自炊生活になって超健康ですが、時たまお肉をたらふく食べたくなる。

履歴書を書いてます。

「業」をやたらと書いている。個人事業とか業務内とか。書き過ぎて文字の形を忘れる。横線が二本なのか三本なのか。

書とは伝達であり、たとえ書き順や位置が間違っていたとしても伝われば正解で、線を一本、点を一つ余計に置きたくなって、そっちの方が思いが伝わるかつバランスが取れれば「それもまた良し」みたいな話もあるけれど、適当な性格も伝わっちゃうので「そうも言ってられんよ」とまた新しい紙に書くのだ。

髪切って、寝る練習。

髪を短くしました。

いつも鎖骨ぐらいまで伸びた髪を後ろに束ね、サイドは短く刈り上げる「怪しい」髪型でしたが、暑いし身嗜み云々言われて切る事にしました。

髪型にはさほど拘りはなく、短髪だと頻繁に切ったり整える時間が面倒だから放置していただけです。短いと寝癖と毎月の出費が(´・ω・`)

その気になって伸ばし続けりゃヘアドネーション(病気等で頭髪が無い子供が使用するウィッグ制作ため髪の毛の寄付)も可能かなとも思ってましたが男の長髪は風当たりが強く。男もつらいよ2021。


で、髪切ろうと思い立ったのが本日月曜。床屋さんの定休日。やっちまった。

色々調べたら近所に月曜も営業している1000円カット的な床屋さんがあったので行ってみたら「コロナ対策で予約優先なんですー」との事。やっちまった。

午後からは大丈夫との事で、一旦帰宅後、再度訪問。ジョッキジョッキと切ってもらった。

いっそ坊主でも…とも思ったけれどサイドの刈り上げさんが短いので、それに合わせた坊主では怪しい人から怖い人への転身となるのでやめた。刈り上げ部分を活かしながら短くしてもらって、どことなく韓流スターっぽい髪型に(顔はお察し)。

何年かぶりに束ねなくてもいい毛量。その代償で整髪料は用意しなきゃいけなくなりましたが非常にスッキリしました。

「寝る練習」を始めました。

暑さとか考え事で、眠れないのにベッドに長居しすぎてしまい、それじゃ駄目だなって。

特別な何かをするわけでもないですが、適度に運動、適度に空腹、換気で湿気を逃し、寝ながらのYouTubeは程々に。そんな当たり前を努力して作っていく。


映画「疾走」がprime videoで配信されていたので観ました。

重松清さん原作で主演の手越祐也さんが高校生ぐらいの時。映画は2005年公開。

めちゃくちゃ重く救いのない話で、小説は「孤立・孤独・孤高」の違い、「運命と宿命」の違いなど何度も問われる、「観る(読む)たび重くなるんだけどまた観たくなる」といった好きな作品。

ジャスティス。

積極的・義務的にペンを使わなくなると、必要な時に擦れたりインク詰まりを起こして「なぁうぁあ‼︎」となる岡部。

大事な書類を書く時によく使うのはプラチナ万年筆。インクはカーボンブラック。

安いけれど耐水耐光、真っ黒に。

インクこぼした。なぁうぁあ‼︎

知人より、賞味期限が少し切れた備蓄食品、買い過ぎた食べ物をたまにいただきます。

ちょっとぐらいの汚れ物ならば残さず全部食べてやる」のMr.Children精神ですし、好き嫌いがほぼ無い身体ゆえ、いただけるのは嬉しい。

私にお供えしても御利益は無いですが。

とはいえ、残さず全部食べてたら、せっかく痩せた身体に脂肪が付いてしまうのでタイマー付き南京錠買いました。

この南京錠は「10時間後」とかにセットすると10時間経たないと開かない。

台所にお菓子があると「食べなきゃ失礼」という感覚と業務用を食べ切りサイズにしてしまう特殊能力があるので、このタイマーで「消化タイム」を作って胃腸にも優しくしようっていう自分への気遣い。

1980円とそこまで高くなく、万が一開かなくなっても破壊できるくらいの強度なので安心です。何が?

6月。

6月になりました。

5月末でサービス終了のシステムが多くあり、その整理やバックアップをしていました。今までありがとう。

年代モノのノートパソコンを色々やりたくてアップデートしたら起動出来ず。まあそんなもんです。

仕方ないから初期化。快適になったソフト、動かなくなったソフトありますが、全部動かなくなるまで使おう。

あと裏蓋を開けて掃除しました。昔のパソコンは簡単に開けられますね。

ちょっと散歩しました。


近況としましてはいまだ休職中です。「5月中に決まればなー」と思っていたもののそこまで甘くなく。

選ばなければ決まりそうでもあるし、何でもいいとなると本来の目的に外れそう。なんかよくわかんなくなってきた。

頑張る所だけど、少し甘やかして小休止を設けたい。

とりあえずハローワークの方はいい人よね。尊敬します。


体調としましては、凄く寝付きが悪かったり起きるのが大変な時がある。

たぶん湿気。なんか身体周りが水気で覆われている感じ。