麦本三歩。

住野よる「麦本三歩の好きなもの」を読み終わる。

図書館勤務の麦本三歩による凄く小さい日常の話。でも本人の中では波瀾万丈の日々。それがとても好きで、第二集を心待ちにしていました。

全く意識していなかったけれどサイン本だった。地元の作家さんならまだしも仙台の中規模書店にあるとは。何冊書いたのだろう。

実を言うと以前引越しに苦労した経験から「残るモノ」が苦手で、初回特典とか限定特典をあえて買わない主義を貫いているが、サインは困らないので有り難くいただいた。

まあ本も残るんだけれど。