鉛と煤の発掘。

調査

ドラマ「日本沈没」を観ました。時代設定が違うと技術や人の意識も変わるので、その辺りがどう描かれるかと私が毎週ドラマを追えるのかも気掛かり。

地殻変動(活動)の話になると、つい意識するのは鈴鹿墨の「古玄」を使ったヒビ割れ。「古玄の魅力を再発見し隊」の隊員でもあるので、調査をテーマに作品を作りました。ウイルス研究にも見えるし、ただ闇雲に掘ってるだけにも見えるけれど。


最近の創作・作家活動としましては、ちょいちょい思い立って制作し、とりあえずSNSに載せ、休みが合えば友人知人恩人の展示会に伺っていますが、「まだ本格的なイベント参加や出品は難しいかなー」といった具合です。

参加したかったイベントや企画展は多々ありますし、お誘いをいただくと「おっ、あなた様の頭の片隅にオカベがおりましたか」と嬉しくなるのですが、「後先考えずに決めて勢いで乗り切る」のが苦手なタイプなのと「創作活動が最優先だから今の仕事や同僚はどうでもいい」といった行動をすると、今迄築いてきた信頼やプライドも崩れそうなので。

まあ、何かある時は私よりも世間や地球の方が先に変わりますし、何かのタイミングが合えば。


お疲れ様、頑張るぞの糖分。最近は団子をよく食べています。3本で100円弱なのは素敵。


休日は「食物繊維たっぷり」、仕事日は「ジャンキーめま」ふ tag z re DCやむなし」な食生活です。

休日はラジオ等を聴きながら野菜や根菜の微塵切り。それらを炊飯器で炊き込みご飯にしたりカレーを煮込んだりする生活がいまだ継続しています。お陰様で休日の増量と腹の張り具合は凄いです。

しかしながら仕事日になると、自分で作ったお弁当の「なんか温い感じ」がどうも苦手で、いまだ職場に持っていくのはオニギリが限界。容器を洗ったりおかずを作る余裕もないので自分でお弁当を作って持っていくのは遠い夢。


仕事で小さい判子が欲しかったのですが「800〜1000円出してまで買おうとは思わん」みたいな感じで放置していたらダイソーにありました。

「岡部」姓は珍し過ぎず多過ぎずの絶妙なラインなので、判子はオーダー不要かつ商品棚には在庫がある。ありがとう岡部。


仕事では中々の頻度で鉛筆を使う。元々安価でせっかくだからと文字が書きやすい硬筆書写用の鉛筆を買ってみた。

こうして身近なモノから少しずつ個性を作ってゆく。